子供の英語発音教育方法「フォニックス」に最適なYouTube動画まとめ

マイクロ社長も愛用中のサーバーでブログを始めるなら今がお得すぎる…!【PR】
Screenshot

✅2024年6月5日(水)12:00までキャンペーン中


✅この期間にブログを作れば実質495円/月から始められる


初期費用はもちろん無料


独自ドメイン永久無料特典付き!しかも2つ


エックスサーバーはマイクロ社長も愛用している企業のサービスで、国内シェアNo.1レンタルサーバーです。

色んなサーバー会社がありますが、サポートもマニュアルも非常に丁寧なので初心者の方も安心して使える超絶オススメなサーバー会社です。

期間限定なので少しでも気になったら公式ページを見てみてください。

超お得なキャンペーンの詳細を見てみる

フォニックスは、英語教育における重要な要素の一つです。これは、文字(アルファベット)とそれに対応する音(発音)の関係を学ぶ方法です。フォニックスの目的は、読み書きのスキルを向上させることにあります。

フォニックスには主に以下のような要素が含まれます:

音と文字の対応: 学習者は、個々の文字や文字の組み合わせがどのような音を表すかを学びます。例えば、’c’ が /k/ の音を、’ch’ が /tʃ/ の音を表すことなどです。

ブレンディング(結合): 個々の音を組み合わせて単語を形成する方法を学びます。例えば、/k/、/æ/、/t/ の音を組み合わせて “cat” という単語を作ります。

セグメンテーション(分割): 既存の単語を個々の音に分割することで、その単語のスペルを理解しやすくします。

フォニックス・ルールの理解: 英語には多くのスペリングのルールがあります。例えば、「e」を単語の末尾に付けると、その前の母音の発音が長くなる(例: “cap” と “cape”)などです。

フォニックスの教育方法は、子供たちが読み書きを学ぶ上で非常に効果的であると広く認識されています。文字と音の関係を理解することで、新しい単語の読み方や書き方を推測する能力が向上します。また、フォニックスは言語の基本的な構造を理解するのにも役立ち、読解力や語彙力の向上にも寄与します。

【30分連続】 A~ZまでABCフォニックスの歌集め | 子ども向け英語の動画1位 | 英語聞き流し | ピンキッツ! Pinkfong – 童謡と子どもの動画

♬ABCのうた | フォニックス | アルファベットソング | 子供向け